むさし証券

ネット証券ランキング

むさし証券は取引機能をあえてカットすることで、手数料や金利を低く抑えたネット証券です。

ネット証券TOP > そしあす証券

むさし証券(旧そしあす証券)

むさし証券

むさし証券のインターネット取引『トレジャーネット』は、株式取引にかかるコストの大幅削減を実現したネット証券です。

他社ではほとんど標準装備となっているスクリーニング機能やテクニカルチャート表示などをあえてカットすることで、手数料や金利などのコストを削減し、ローコストの取引を確立しました。

むさし証券は、特に初めて投資を始める方や資金が少ない方から高い支持を受けており、ネットでも話題の証券会社となっています。

むさし証券公式サイト

業界最低水準の手数料を保持

むさし証券では『トレジャースタンダード』と『トレジャーボックス』の2つの手数料プランを用意しています。

トレジャースタンダードは、1回の注文ごとにかかる手数料プランで、50万円までなら1回の注文につき231円。一方、トレジャーボックスは1日の約定代金の合計で手数料が決定し、300万円までなら1,260円と、どちらも格安の手数料となっています。

さらに、双方のプランは1日ごとに変更可能。今日はトレジャースタンダード、明日はトレジャーボックスというように、投資スタイルに合わせて手軽に変えることができます。

手数料プランの変更は他社でも行っているサービスのひとつですが、1日ごとに変更できるネット証券はむさし証券を含め、ごくわずか。

むさし証券は、格安の手数料に加え、柔軟性の高いプラン変更制度が大きな特徴となっています。

信用金利も抑えてトータルコストを大きく削減

むさし証券では、信用取引にかかる金利も業界最低水準をマークしています。買方金利は1.72%という最低ラインを確保。

信用取引と言うと、株式取引同様手数料にばかり目がいってしまうものですが、もし新規の買建をして、当日中に決済したとしても、1日分の金利は発生してしまいます。

つまり、信用取引のコストを考えるなら、手数料だけでなく、買方金利の水準も考慮しなければならないのです。

他社の中では、手数料は格安でも、買方金利が高いために、トータルで見ると思ったより取引コストがかさんでしまったということも。

むさし証券では、手数料だけでなく、買方金利の水準を下げることで、信用取引の概算コストそのものを抑えることに成功しています。

むさし証券 ⇒むさし証券の公式サイト

むさし証券のスペック

手数料(税込)

現物取引
手数料 年間固定費 定額手数料 年間固定費
10万 20万 50万 100万 300万 50万 100万 200万 300万 500万
231円 231円 231円 462円 462円 0円 1,260円 1,260円 1,260円 1,260円 2,520円 0円
信用取引
制度信用取引手数料 一般(無期限)信用取引手数料
50万 100万 200万 300万 50万 100万 200万 300万
231円 462円 462円 462円 231円 462円 462円 462円

取扱い銘柄

マザーズ JASDAQ 東証 大証 名証 札幌 福岡
-
-
-

注文機能

逆指値注文 連続注文 期日指定
注文
約定通知
メール
アラート
メール
モバイル注文
iモード EZweb Yahoo!ケータイ
-
-
-

情報ツール

スクリーニング リアルタイム株価 テクニカル
チャート
株主優待情報 投資情報
メルマガ
無料セミナー
-
-
-
-
-
-

取扱商品

ミニ株 IPO 個人向け国債 外国為替(FX) 先物
オプション
立会外
分売
夜間
取引
投資信託 ETF REIT
-
-
-
-
-
-
-
-

外国株

米国株 中国本土株 中国香港株 台湾株 韓国株 インド株投信 中国株投信
-
-
-
-
-
-
-

ユーザーサポート

オペレーター対応
コールセンター
自動応答ダイヤル 無料セミナー 出張サポート 口座開設の年齢制限
平日
土・日・祝
-
-
-
-
-
20歳以上

会社概要

会社名 むさし証券株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋室町3-2-15
設立年月日 昭和22年8月27日
資本金 47億2,700万円

むさし証券 ⇒むさし証券の公式サイト

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ネット証券.net All Rights Reserved.