住信SBIネット銀行

ネット証券ランキング

住信SBIネット銀行は、入出金や振込手数料が他行に比べて格安のネットバンクです。

ネット証券TOP > 住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行   24時間入出金無料のネットバンク

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、ATMの入出金が24時間無料という便利なネットバンクです。

これまで、ネットバンクとしての使い勝手ではイーバンク銀行が主流となっていましたが、入出金の無料回数が大幅に縮小されたり、振込手数料がアップするなどの改悪が続き、一概にNo.1とも言えなくなってしまいました。

そこで、現在人気を集めているのが住信SBIネット銀行です。入出金24時間無料、振込手数料もイーバンクより格安ということで、近年最も注目を集めています。

住信SBIネット銀行は、住友信託銀行とソフトバンクインベストメント(SBI)の合併企業なので、バックボーンもしっかりしており、信頼感が高いところも特徴です。

入金・出金が24時間無料!

住信SBIネット銀行の最大の特徴は、セブン銀行のATMからの入金・出金が24時間無料であることです。

セブンイレブンは全国いたるところにありますので、都市部・地方部など住んでいるところにかかわらず、誰でも使いやすいところが特徴です。

また、24時間いつでも入金・出金ができるので、昼間は忙しくて時間がないという方にとっては非常に利便性の高いネットバンクと言えるでしょう。

ちなみに、ゆうちょ銀行・イーネット・ローソンATMでは、入金は無料、出金は月5回まで無料です(6回目からは1回あたり105円)。

振込手数料が格安!

住信SBIネット銀行は、自宅のPCから住信SBIネット銀行の口座や他行口座に振込を行うことが可能です。

しかも、一般の銀行の振込手数料より格安となっており、住信SBIネット銀行同士なら完全無料、他行への振り込み手数料も月に3回まで無料と、いいことづくめです。

また、あらかじめ振込登録しておけば、自動的に振込を済ませてくれる『自動振り込みサービス』も導入。家賃などの固定費用支払いを登録しておけば、いちいちATMに行ったりPCで振込手続きを行う必要もありません。

普通預金よりも金利が高い

住信SBIネット銀行に預金する場合、普通預金を利用するよりも金利が高く設定されています。

2010年2月現在、普通預金では金利が0.060%ですが、SBIハイブリッド預金では0.100%と0.040%高くなっています。

使い勝手の面からも、住信SBIネット銀行に預金した方がメリットが大きいと言えるでしょう。

住信SBIネット銀行 ⇒住信SBIネット銀行の公式サイト

住信SBIネット銀行のスペック

手数料

口座開設料
無料
口座維持手数料
無料
振込手数料(同支店宛3万円未満)
0円
振込手数料(同支店宛3万円以上)
0円
振込手数料(他行宛3万円未満) 月3回まで無料。4回目以降1回あたり150円
振込手数料(他行宛3万円以上) 月3回まで無料。4回目以降1回あたり150円
本人名義の郵便口座への振込手数料 月3回まで無料。4回目以降1回あたり150円
出金手数料 セブン銀行なら無料。
ゆうちょ銀行、イーネット、ローソンATMの場合、月5回まで無料。6回目以降は1回あたり105円。

金利

普通預金金利
0.10%
円定期預金金利(100万円未満)
1年・・・0.384%
3年・・・0.284%
5年・・・0.470%
円定期預金金利(1,000万円以上)
1年・・・0.414%
3年・・・0.314%
5年・・・0.500%
補償制度
-

サービス

普通預金
定期預金
外貨預金
投資信託
モバイル取引対応キャリア NTTドコモ、au、ソフトバンク
即時入金サービス SBI証券、岡三オンライン証券、アトランティック・ファイナンシャル・コーポレーション、サイバーエージェントFX、上田ハーロー、スター為替、H&L、セブンインベスターズ、NTTスマートトレード、セントラル短資FX、FXCMジャパン、ひまわり証券、FXトレード・フィナンシャル、ヒロセ通商、FXプライム、フォレックス・トレード、MJ、フォーランドフォレックス、EMCOM証券、マネースクウェア・ジャパン、EMCOM TRADE、マネーパートナーズ、為替どっとコム

会社概要

会社名 住信SBIネット銀行株式会社
本社所在地 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー18階
設立年月日 2006年4月3日
資本金 250億円
住信SBIネット銀行 ⇒住信SBIネット銀行の公式サイト

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ネット証券.net All Rights Reserved.