ジャパンネット銀行

ネット証券ランキング

ジャパンネット銀行は日本で初めて設立・開業された老舗ネットバンクです。

ネット証券TOP > ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行 日本初の大手ネットバンク

ジャパンネット銀行は、三井住友銀行を筆頭株主に、ヤフー株式会社やNTTドコモなど、大手企業が出資しているネットバンクです。

一般の銀行に比べ、ジャパンネット銀行同士の振込手数料が非常に安いため、ネットオークションにかかるコスト削減のために活用されています。

また、ネット証券との提携数が多いことから、24時間リアルタイムに入金できる即時入金サービスを幅広く活用できるところもポイントです。

提携ATMの数も多いので、オンライン上だけでなく、日常生活の入出金においても利便性が高くなっています。

ジャパンネット銀行間なら振込手数料はわずか52円

一般の銀行の場合、同支店間なら振込手数料が無料だったり格安だったりすることもありますが、支店が異なると、同銀行間でも数百円単位の手数料を取られてしまいます。

その点、ジャパンネット銀行なら、振込先がジャパンネット銀行であるというだけで、振込手数料は一律52円。

しかも、振込金額による手数料の増額がないので、1万円振り込んでも、10万円振り込んでも、同じ52円で振り込むことが可能となっています。

もちろん、振込は24時間即時対応。オンライン上から短時間で振込できるので、手間もお金もかかりません。

法人・個人事業主向けの口座『ビジネスアカウント』

ジャパンネット銀行では、個人名義の口座の他に、法人の方には法人名義、個人事業主には屋号付個人名義の口座『ビジネスアカウント』を提供しています。

ビジネスアカウントを取得すると、ロゴやURLをクリックするだけで会社への振込画面が開く決済サービス『JNB-J振』や、振込先を事前登録しておけば、一括で振込処理を行える『WEB一括振込』などを利用することが可能となります。

また、法人名義ならビジネスアカウントを合計20口座まで開設可能。事業部ごとや取扱商品ごとに使い分けることができるので、口座管理や経理業務が楽になります。

また、口座に入金があった場合、PCや携帯電話のアドレスに通知メールが送信されるようになっているところもメリットのひとつとなっています。

口座維持手数料永久無料プラン

ジャパンネット銀行では、月額189円の口座維持手数料がかかります。

しかし、提携企業の会員登録や口座開設申込みを行うと、口座維持手数料が永久に無料になるプランがあるため、条件をこなせば無料で利用することが可能となっています。

提携企業はクレジットカード会社や生命保険などがありますが、中でもSBI証券やジョインベスト証券、マネックス証券などのネット証券の提携企業が多いところがポイントです。

提携ネット証券なら、ジャパンネット銀行からの即時入金サービスに対応しており、24時間手数料無料で証券口座に入金することができます。

これからネット証券を始めようと思っている方や、すでにネット証券を利用している方にとっては、即時入金サービスの利用とともに、ジャパンネット銀行の口座維持手数料が無料になるというオマケつきなので、一石二鳥となっています。

ジャパンネット銀行のスペック

手数料

口座開設料 無料
口座維持手数料 189円/月 ただし、口座維持手数料永久無料プランの適用で無料
振込手数料(同支店宛3万円未満) 52円
振込手数料(同支店宛3万円以上) 52円
振込手数料(他行宛3万円未満) 168円
振込手数料(他行宛3万円以上) 262円
本人名義の郵便口座への振込手数料 294円
出金手数料 出金額にかかわらず、毎月1回無料。
取引状況により、さらに最大6回まで無料

金利

普通預金金利 0.06%~0.10%
円定期預金金利(100万円未満) 1年・・・0.43%
3年・・・0.36%
5年・・・0.47%
円定期預金金利(1,000万円以上) 1年・・・0.47%
3年・・・0.40%
5年・・・0.51%
補償制度 最大500万円

サービス

普通預金
定期預金
外貨預金 ×
投資信託 ×
モバイル取引対応キャリア NTTドコモ、au、ソフトバンク
即時入金サービス SBI証券、オリックス証券、マネックス証券、楽天証券、内藤証券、岡三オンライン証券、ジョインベスト証券、そしあす証券、カブドットコム証券、松井証券、リテラ・クレア証券、安藤証券、野村證券

会社概要

会社名 株式会社ジャパンネット銀行
本社所在地 東京都新宿区西新宿2-1-1
設立年月日 平成12年9月19日
資本金 372億5000万円

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ネット証券.net All Rights Reserved.